2016年4月29日金曜日

[2357] 障害年金訴訟 診断書なしでも支給 神戸地裁判決② 2011年1月17日 22 時11分



[2357] 障害年金訴訟 診断書なしでも支給 神戸地裁判決②  2011117 22 11

地井和夫 さん

原告側は、医師の意見書に加え、「呼び掛けても応じないため、肩をたたいて振り向 かせた」「女性の姉を通してコミュニケーションを取っていた」などとする中学校時代の 友人や担任らの陳述書を提出していた。   裁判では、字幕スクリーンを使った異例の本人尋問が行われた。判決後、記者会見し た女性は「女性は「判決は大変うれしい。私のような不支給の障害者の方も年金をき っと受け取れると思うのであきらめないでほしい」と話した。   厚生労働省年金局事業管理課は「判決文を見ていないので回答できない」と話してい る。 (2011/01/12 22:24) 
神戸新聞|社会|障害年金訴訟 診断書なしでも支給 神戸地裁判決  http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003733982.shtml

0 件のコメント:

コメントを投稿