2016年4月29日金曜日

[2333] 「レオニー」 2011年1月9日 10時0分



[2333] 「レオニー」  201119 100

淀橋長治 さん

film お正月に見るお勧め映画 海外で撮った女性監督作品を見る ●松本侑壬子(ジャーナリスト・映画評論家) 
(略) 
『レオニー』(松井久子監督、10年 *2)は、監督が原作に出会ってから7年がかりの 念願の映画化。世界的彫刻家イサム・ノグチの母親レオニー・ギルモアの母の愛と自 立の59年の生涯。松井監督が自らの人生に重ねて14回も書き直した脚本は、大掛 かりな見せ場でなく緻密(ちみつ)な短編小説を読むような実感にあふれている。100 年前のニューヨークから明治・大正期の日本へ  英国人女優エミリー・モーティマー (レオニー)の知性と意志ある演技は、欧米女性から見た明治の日本の女性観でもあ る。津田梅子(原田美枝子)や小泉セツ(竹下景子)など実在の人物を含めて、ヒーロ ーの恋の相手としてでなく、自分自身を生きる明治の日本女性像がくっきりと描かれ ているのも、女性監督ならでは? 
(略) 
*2 東京・シネスイッチ銀座ほか全国公開中 配給 角川映画 TEL03(5213)06 81
  
(略) 
『ふぇみん』2011年1月1日号 7ページ
 まえのぺーじ あたらしいぺー

0 件のコメント:

コメントを投稿