2016年4月27日水曜日

[2112] 自立支援法「延命」案可決 共産・社民は反対 2010年11月18日 19時40分



[2112] 自立支援法「延命」案可決 共産・社民は反対  20101118 1940

レオン さん

2010年11月18日(木)「しんぶん赤旗」 自立支援法「延命」案可決 衆院委で審議抜き 共産党は反対   「私たち抜きに私たちのことを決めないで」―障害者の叫びをよそに、障害の重い人 ほど負担が重くなる障害者自立支援法を「延命」することにつながる法案が17日の衆 院厚生労働委員会で審議抜きで採決・可決されました。日本共産党は反対しました。    
賛成したのは、民主、自民、公明、みんなの各党。社民党は反対しました。 
同法案は新法ができるまでの“つなぎ法案”だとしていますが、難病に対する支援が 抜けているなど、自民党政権が出した一部修正案をほぼ丸のみした内容で、時限立 法にもなっていません。前回の通常国会で衆院では民主、自民、公明などの賛成多 数で可決。参院の委員会でも可決されましたが、障害者らの批判が高まる中、廃案に なっていました。 
日本共産党の高橋ちづ子議員は、採決に先立つ意見表明を行い、法案改正にあたっ ては「私たち抜きに私たちのことを決めないで」という障害者の思い、原点に立ち返る べきだと強調。違憲訴訟団との基本合意や障がい者制度改革推進会議の議論を尊 重するべきであると述べ、法案提出の断念を求めました。 
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-11-18/2010111801_04_1.html 
……コメント抜きで、紹介しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿