2016年4月27日水曜日

[2103] 渋谷の売店で、にらまれた 2010年11月7日 20時58分



[2103] 渋谷の売店で、にらまれた  2010117 2058

レオン さん

2010年10月20日(水曜日)に、渋谷の街の中にある売店(井の頭線の改札近くの エスカレーターの下の方にある)で、『ぴあ』の2010年11月4日号を買いました。 
350円を払った後、少し歩いてから、雑誌(『ぴあ』)の「状態が悪い」ことに気づきまし た。そこで引き返して、「状態の良い方とかえてくれ」というようなことを売店の若者に 言いました。売店の若者は、すぐにかえてくれました。ところがその後で何と、売店の 若者は「350円」などと私に言ってきました。今払ったばっかりなのに! 「今買った が、状態が悪かったので、かえてもらったんじゃないか。お金は払っている」。そういう ようなことをソフトに私は言いました。そうしたら、売店の若者は、納得したような顔をし ていました。でもその時、売店の奥から(私も「中年」かも知れませんが)「中年」の男 性が、私の顔をぎろりと見ていました。私は、少し不快な気分を味わいました。 
嘘か本当か分かりませんが、「神社の屋台などは、暴力団が関係している」という噂 を、私は聞いたことがあります。「ノン子36歳(家事手伝い)」(坂井真紀が主演した映 画)でも、神社と暴力団が関係している場面が出てきます。私は、その噂を思い出しま した。「ノン子36歳(家事手伝い)」を思い出します。そして、「渋谷の街の中にある売 店なども、暴力団が関係しているんだろうか」と、私は考えました。偏見でしょうか。木 曜日発売の『ぴあ』が水曜日に買えるので便利だ、と私は思っていました。でも、もうあ あいうところで物を買うのはやめた方がいいだろうか。私は、そう思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿