2016年4月25日月曜日

[1987] 障害者の全国実態調査案、猛反発で見直しへー総合福祉部会① 2010年7 月28日 20時51分



[1987] 障害者の全国実態調査案、猛反発で見直しへー総合福祉部会①  20107 28 2051

国士無双 さん

今晩は、国士無双です。 
私事から書き込みますが、今日3年半余り勤めた会社の退職手続きをしてきました。 長い間お世話になり感謝してます。しばらくゆったりし、働く意欲が湧いたらまた仕事を 探したいと思います。ブルーアイズさんの会社良さそうですね。 推薦して下さいよ~(なんて、冗談です(^_^) 
ところで、全国の障害者の実態調査なるものが行われる模様です。 真面目な方が多いのに、何を調査するのでしょうかね??? 以下、引用します。 
内閣府の「障がい者制度改革推進会議」は727日、廃止される「障害者自立支援 法」に代わる新法策定について議論する「総合福祉部会」の第5回会合を開いた。この 中で、新法策定に必要な全国規模の障害者の実態調査案が、委員から「精神障害者 を殺す調査方法だ」などと猛反発を受けたことから、調査方法が見直される見通しとな った。  問題視された「全国在宅障害児・者実態調査(仮称)の基本骨格(案)」の調査方法 は、調査員が訪問して調査対象の有無を確認し、調査票を手渡しして郵送で回収する 「自計郵送方式」。これについて山本眞理委員(全国「精神病」者集団)は、調査を受 けた精神障害者が自殺に追い込まれることを懸念。現行案では「断固容認できない」 などとして、調査員と対面しない電話を介した調査方法を検討することなどを提案し た。    
次に続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿