2016年4月25日月曜日

[1981] 障害者も過労死する日本③ 2010年7月21日 20時34分



[1981] 障害者も過労死する日本③  2010721 2034

国士無双 さん

国士無双です。 
最後です。 
この事件『控訴審判決』とありますから一審判決があった訳です。一審判決では 死亡直前1カ月の残業を33時間と認定し、仕事と死亡の因果関係があるとされ 
る45時間を下回っていると判断』され“過労死認定”はされなかった。 障害者枠で雇用された人が..“過労死認定”では、健常者と同じ判断基準が採用 
される。?? 企業に対し障害者枠を設けて、障害者の就労を支援するのは重要 だが、就労後の配慮が全くされていないというのは『血の通った制度』とは言え 
ないだろう! 障害者の働く場を作ることは大切だが、働き続けられる職場作り をするのも同じように大切だということを国も企業も知るべきだと思います。 
障害者が職を得て(喜び)一生懸命働こうとした結果、就職から僅か一ヶ月半後に『過労死』してしまうなんて。。。 この人の胸の内を思うと心が痛みます。 
そして驚きの健常者と同じ『過労死認定基準』。。(その為に一審で認定されず) 
こんな片手落ちの制度があることを、皆さんも心に留めて置いて下さいね^^ 
以上です。 このような障害者に配慮しない障害者雇用が現実に多々あることは事実のようです。 中には障害者に対して、配慮してくれる方も沢山いらっしゃるとは思いますが、お金が 絡むと人間の本性が赤裸々に暴かれます。 健常者も苦労して働いているから、お金を貰うなら障害者も同じだと考えるのはある 意味自然。。。しかし、過労死してまで働かなければならなかった方の無念を思うと心 が痛むのは我々精神障害者も健常者も一緒。。。このような過ちを繰り返さなさいため にも、自立支援法に基づいた障害者出陣のような就労に対しての諸手を挙げての賛 成の意見には私は反対です。 障害者個々人の能力の差を理解した上での自立支援法の早急な廃止を望みます。

0 件のコメント:

コメントを投稿