2016年4月25日月曜日

[1975] 子宮頸がん① 2010年7月18日 10時19分



[1975] 子宮頸がん①  2010718 1019

レオン さん

『ふぇみん』2010年6月15日号(第2926号)に、次の記事が載っていました。以下 に、引用します。 
子宮頸がんワクチンは検診とセットで 
子宮頸がんはワクチンで防げる! とワクチン接種がすすめられている。小学校6年 生の女子全員にワクチン接種の助成を始めた自治体もある。「子宮頸がんって、どん ながんなの?」「子宮頸がんのワクチンは接種した方がいいの?」。産婦人科医の丸 本百合子さんに聞いた。 
子宮頸がんとは    
子宮にできるがんには、子宮の本体にできる子宮体がんと、子宮の入り口付近にでき る子宮頸がんがある。子宮頸がんは若い女性に多く発生するがんで、現在、年間1万 人が罹患(りかん)しているが、この数は急増している(グラフ参照)。 
子宮頸がんの原因は、ヒトパピロマウイルス(HPV)によるものだということが1980 年代に入り明らかになった。HPVは100種類以上のタイプがあるが、このうち、15タ イプが子宮頸がんの発生に関与しているという。HPVは性交渉によって感染する。性 交渉のある女性の約80%が一度は感染するが、ほとんどの人は、そのうち自然に消 えてしまう。しかし、HPVが排除されず、持続感染状態となると、子宮頸がんの「前が ん病変」が発生するという(感染からがんになるまでに約10年)。 
子宮頸がんワクチン 
HPV感染を防ぐことを目的にワクチンが開発された。日本で昨年接種が始まったワク チンはHPVの中でも、16型、18型の2つのタイプのワクチンで、子宮頸がん全体の6 0~70%が防げるという。HPVに感染する前に接種するのが望ましいとされているの で、「11歳から14歳の女子に優先的に接種すべきだが、45歳の女性でも効果があ る」と日本産婦人科学会が声明を出している。また、子宮頸がんワクチンは、すでに感 染しているHPVを排除したり、細胞の異形成やがんの進行を遅らせたり治癒する効果はないので、注意が必要だ。 (続く)

0 件のコメント:

コメントを投稿