2016年4月23日土曜日

[1958] 参院選@新潟)どうなる障害者自立支援法② 2010年7月10日 18時29分



[1958] 参院選@新潟)どうなる障害者自立支援法②  2010710 1829

国士無双 さん

国士無双です。 
先ほどの記事の続きです。 
鳩山前政権は、同法の廃止を前提に各地の原告団と和解。障害者本人や家族がメン バーに加わる「障がい者制度改革推進会議」を発足し、同法に代わる新制度を12年 度に制定することを目指して動き出した。  ところが、障害者らに不安が戻った。5月末、超党派の議員立法で提出された自立 支援法の改正案が、衆院厚生労働委員会で可決。応益負担から応能負担に戻すこと などが盛り込まれたが、昨年3月に自公政権が国会に提出した内容とほほ同じ。民主 党案にあった同法「廃止」の文言も消えた。可決を急ぎ、妥協した結果だ。その改正案 も、首相交代などの政局にのみ込まれる形で廃案となった。  重度の脳性まひながら、行商で生計を立てる新潟市西蒲区の乙川正純さん(45)も 廃止を期待する一人。「当事者が入る会議ができたときには一歩前進したと思ったの に、民主党は何をやっているんだ、という思い」と話す。  もぐら工房の田中滋世所長は、自立支援法導入当時を思い出す。利用者らに制度 を説明した際、「負担は嫌だけど、自分たちも後輩たちも将来、安心して暮らせるよう にするためなら仕方ない」という声が上がった。「このままでは社会保障が破綻するか ら、と導入された制度だったはず。財源はどうなるのか、どの範囲の人をどこまで、ど う支援していくのか。議論を見守りたい」と話す。(伊木緑)  
URLhttp://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000001007100003です。 
障害者自立支援法の早急な廃止に私も賛成です。 この法律は障害者自殺支援法と巷では言われてます。 障害者に自立しろというのは、孤立しろ、自殺しろと言っているようなものだと私は思 います。 事実、私もこの法律を利用して就職しましたが、再発の可能性があると診断され、現 在休職してます。 私も早急な自立支援法の廃止を願って止みません。

0 件のコメント:

コメントを投稿