2016年4月23日土曜日

[1946] 全ては美しい利益の名のもとに⑥ 2010年7月3日 8時9分



[1946] 全ては美しい利益の名のもとに⑥  201073 89

レオン さん

バクーニンはかつて、“人々は居酒屋に行くのと同じ理由で教会に行く。彼ら自身の意 識を鈍らせるために、彼ら自身の惨めさを忘れるために、彼ら自身について思い違い をするために、数分間であってもともかく、自由と幸福のために。”と言ったことがあ る。恐らく、闇雲に振られる全てのナショナリズムの旗と、吹き鳴らされるヴヴゼーラ (ラッパのような楽器=訳者)の只中にあって、我々は彼が同一視したものにスポーツ を付け加えることができるし、忘れるということは、不正義や不平等との闘いに積極的 に加わることよりも容易いことのように見える。けれども闘う者たちはたくさんいるし、 労働者階級と貧しい人々、そして彼らの諸組織は幻想に対して、政府がそう信じたが っているほど従順ではない。競技場の入り口に一時的なスクウォッターのキャンプを 建設することから、大きな抗議行動やデモ、国中でのストライキ行動に至るまで、不許 可にされようがされまいが、愚弄や嘲りの的となり“愛国心がない”というレッテルを貼 られ、あるいは発言の自由を丸ごと奪われても、我々の社会を特徴付けている恐るべ き不平等を暴露するために、我々の生命を代価として展開しているグローバルなゲー ムを暴露するために、そして諸帝国は我々の生命の上に築かれており、そしてやがて は、究極的には破壊されるということを暴露するために、我々は挑戦的に声を上げる であろう。   打倒ワールドカップ! 国家による抑圧と、民衆を分断するナショナリズムはいらない! 搾取と暴利に対する民衆の闘いに栄光あれ!(続く)

0 件のコメント:

コメントを投稿