2016年4月22日金曜日

[1815] 東京・文京区長が育休取得へ 長男誕生で4月に2週間 2010年3月11日 21 時22分



[1815] 東京・文京区長が育休取得へ 長男誕生で4月に2週間  2010311 21 22

国士無双 さん

今晩は、国士無双です。 
銀杏企画のある文京区の成沢区長が育休を取ったそうです。 以下、朝日新聞の記事です。 
2010311138  東京都文京区の成沢広修(ひろのぶ)区長(44)は11日、記者会見し「育児休暇を 取得する」と表明した。4月3~15日の約2週間、業務を休んで2月5日に生まれた第 1子の長男の育児に専念するという。同区職員で育休を取得した男性はこれまでおら ず、区長が率先することで男性の育児参加を呼びかける。   成沢区長は会見で「第一に、自分自身が子育てを楽しみたい。そして、キャリアのロ スにならないことを自ら示し、男性職員に育休の取得を勧めたい」と理由を語った。   区によると、休暇中も区内にいて、期間中に予定されている区議会特別委員会には 出席し、区長の判断が必要な場合は出勤して対応する。   区長ら特別職には育児休暇に関する規定が適用されず、休暇中の区長報酬を返還 すれば、寄付を禁じる公職選挙法の規定に触れるため、有給の状態で休暇をとる。   自治体首長が「育児休暇」をとった例について、総務省は「聞いたことがなく、分から ない」と話している。   厚生労働省が昨年発表した雇用均等基本調査(2008年)では、男性の育休取得 率は1.23%にとどまっている。一方、海外では、フィンランドのリッポネン元首相が1 998年と2000年に2度の育児休暇をとったほか、英国のブレア前首相も00年、第4 子誕生時に2週間の育児休暇を取っている。   成沢区長は91年、25歳で区議に初当選。連続4期務めた後、07年4月、民主、自 民、公明の推薦で立候補した区長選で初当選し、現在1期目。 
育児をしたいパパさんは沢山いると思いますが、休暇を取れない方がほとんどだと思 います。 この不景気なご時世、育休とは優雅ですね。血税から給料貰っている区民の下僕、公 務員の特権ですかね。 率先するのは育休ではなく、管轄する障害者施設銀杏企画のバザーの手伝いでもし たらどうでしょうか?バザーが行われる区民センターは目と鼻の先ですよ。 

0 件のコメント:

コメントを投稿