2016年4月14日木曜日

[1582] 自立支援法訴訟の転換 2009年9月24日 22時12分



[1582] 自立支援法訴訟の転換  2009924 2212

国士無双 さん

度々、国士無双です。 
レオンさん、銀杏の「宣伝」でも大いに結構ですよ。 どんどん、書き込みしてください。 
ところで、以前から問題になっている「障害者自立支援法違憲訴訟」に対して、厚生労 働省が画期的な判断をしました。 
以下、共同通信の配信記事です。 
厚労相、請求棄却の主張転換表明 障害者訴訟で  長妻昭厚生労働相は24日、障害者自立支援法をめぐり全国13地裁で障害者らが提訴している集団訴訟について「今までの政府の主張にはどう考えても違和感があ る」と述べ、原告側の請求棄却を求めてきた従来の国側主張を転換する方針を表明し た。同省で記者団に語った。 
 民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)に障害者支援法の廃止を掲げ、長妻氏は 19日に廃止を明らかにしていた。 
 長妻氏は「当事者の意見を聴きながらよりよい制度構築に向け取り組んで行きた い。3カ月の間、情報収集して今後の対応を考えたい」と語った。和解など今後の訴訟 への対応については「(原告側の)金銭的な要求などもある」と述べるにとどめた。 
 集団訴訟は、福祉サービスの利用料を原則1割自己負担とする障害者支援法は生 存権の保障を定めた憲法に違反するとして、全国の障害者ら約60人が国や自治体 に負担免除などを求めている。 
 広島地裁で24日開かれた訴訟の口頭弁論では、国側が「政権交代の結果、障害者 支援法を廃止することになり、今後、利用者の応能負担を基本とする制度を策定する ことになった」と表明。その上で「訴訟の進行に見直しが必要となった。約3カ月の猶 予をいただきたい」と述べた。 
 原告側は「持ち帰って検討する」と答えた。 
2009/09/24 21:50   【共同通信】 
訴訟費莫大にかかっているだろうから、その辺も考えて、対応して欲しいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿