2016年4月8日金曜日

[1289] バレーボール大会 2009年1月24日 10時48分



[1289] バレーボール大会  2009124 1048

レオン さん

「今回の(2009年1月23日の)バレーボール大会」での銀杏企画の試合内容は、 「前回のバレーボール大会」での銀杏企画の試合内容よりも確実に良いものでした。 その事は、ほとんどの選手が感じていたようです。今回のバレーボール大会では「負 けたけれど、試合内容には満足していた」選手が多かった、ような気が私はします。 
 今回のバレーボール大会で、他のチームの練習などを見ていて、「うまいチームは、 パスがうまい。パスが高く正確にあがる。オーバーのパスもうまい。オーバーのパスも 高く正確にあがる。手つきが違う」と私は思いました。 
 今回のバレーボール大会での銀杏企画の試合を見て、「ブロックとブロックカバーも 確実に出来るようにする事、ネットタッチをしないよう出来るようにする事、レシーブで ボールを後ろにあげないよう出来るようにする事、フェイントもいつでも出来るようにす る事、なども必要かも知れない」と私は思いました。これは、監督・コーチ・個人の選手 に対する批判ではありません。 
 私は「サーブで沢山点を取る事」を期待されていたと思うのですが、「サーブで沢山 点を取る事」が出来ませんでした。1回サーブをミスしてしまいました。どうも、済みま せんでした。今から思えば、「鋭いサーブでなくても良いから、もう少し確実なサーブを 入れる」方針で、サーブを打った方が良かったかも知れません。「もう少し高くあがるサ ーブ」を打った方が良かったかも知れません。 
 T監督、コーチの管理人さん、Tキャプテン、スポーツ委員の皆さん、応援団の皆さ ん、銀杏企画の職員とメンバーの皆さん、銀杏企画の関係者の皆さん、どうもありがと うございました。 
 「将来就職しても、出来れば銀杏企画のバレーボールの練習には参加したい」と、私 は思っています。そして「精神障がい者のチーム別全国バレーボール大会や国際バ レーボール大会(「国家や天皇のための大会」ではない)」で銀杏企画が優勝出来たら 良い、と私は思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿