2016年4月3日日曜日

[1121] 障害者自立支援法の大きな問題と闘う② 2008年11月17日 21時11分



[1121]  障害者自立支援法の大きな問題と闘う②  20081117 2111

国士無双 さん

国士無双です。 
先程の記事の続きです。 
平島が受け取る月収の内訳を教えてもらった。 
 クッキーなどの売り上げを原資に施設が支払う工賃が月7600円。100円の時間外 手当を得るため、約40分掛けて自転車で通い、始業より一時間早く仕事を始めるが、 それでも工賃は9000円を少し超える程度という。もう1つは寝具工場から受け取る日 給2100円。月収総額は3万円余りで、家族と同居しなければ暮らせない。 
 逆に平島が施設側に支払う金には給食費などのほか、「施設利用料」がある。200 6年の障害者自立支援法施行で新たに設けられた「応益負担」である。 
 施設を利用することで障害者が利益を受けているとみなし、その費用の一部負担を 障害者に求めるようになった。平島の場合、通い始めた当初は月に7500円。段階的 に減額され、今夏から1500円になったが、「働くのに何でお金を払うのか」という割り 切れない思いはくすぶり続けた。 
今年9月、障害者や施設関係者と県との懇談会が県庁であり、平島も出席した。障 害者サイドから「応益負担」への批判が続出する中、「施設は訓練の場。利用すれば 利用料が生じる」という県担当者の言葉に、会場は騒然となった。平島も怒りが込み 上げた。「県の言い分はどうしても納得いかない。僕たちは働いているんですから」 
次に続きます。 

0 件のコメント:

コメントを投稿