2016年3月21日月曜日

[848] アルバイトで気付いた事 2008年7月9日 22時23分



[848] アルバイトで気付いた事  200879 2223

レオン さん

「お中元のアルバイト」をやっていて、私が気付いた事を言います。 
 ①「パート(?)のお姉さんたち」(特に「リーダー」のお姉さんやYさん(「大きなカゴ」 に包装された商品を積んでくれる人)たち)は、何時も「笑顔」で私たちに接してくれます。何時もアメをくれます。絡んでくる人など誰もいません。誰もケンカなどしません。 仕事においては、人間関係がとても大切なんだな。「笑顔」がとても大切なんだな。私は、そう思いました。 
 ②Eさん(私と一緒に、銀杏企画から「お中元のアルバイト」に参加している、セカンド メンバー)は、みんなに挨拶をします。「お早うございます」。「お疲れ様でした」。これら の「「魔法」の一言」が「同じ職場で働く人たち」の気持ちを明るくします。仕事において は挨拶がとても大切なんだな。私は、そう思いました。私は、Eさんのようには、挨拶が 上手く出来ません。 
 ③職場には、「様々な人」が働いています。男性も女性も、「若い人」も「そうではない 人」も、働いています。仕事においては、「多様な人たち」と仲良く出来なければいけな いんだな(どんな人とでも、仲良く出来なければいけないんだな)。私は、そう思いまし た。私は、なかなか、人と仲良くする事が出来ません。「考え方の違う人」や「どういう 考えか分からない人」と仲良くする事が出来ません。私は、なかなかチャングム(「宮 廷女官チャングムの誓い」という韓国ドラマの主人公で、イ・ヨンエが演じた)のように はなれません。 
 ……「こんな事」(仕事において、何が大切か)は「就労している、銀杏企画の元メン バーの人たち」にとっては当たり前の事かも知れませんね。まだまだ私はダメだな。 「お中元のアルバイト」をやっていて、私はそう感じています。

0 件のコメント:

コメントを投稿