2016年3月20日日曜日

[822] お中元のアルバイト 2008年7月1日 20時59分



[822] お中元のアルバイト  200871 2059

レオン さん

お中元のアルバイトが始まりました。銀杏企画からは、メンバーはEさん(セカンド)と 私(ファースト?サード?)の2人が参加しています。時間は、原則として、9時30分~ 18時までです。荷出しは時給880円で、結束は時給830円です。職員さんがシフトを 作るときに、私は週2日~週3日を、希望しておきました。    お中元のアルバイトは肉体労働です。お中元のアルバイトをやっていると、私は物 凄く疲れます。これは(私が疲れるのは)、薬の副作用のせいでしょうか。それとも、私 は何か「体の病気」にかかっているのでしょうか。「精神障がい者は短時間の労働でも 「普通に働いた人」と同じ額の給料が貰えるというような制度」が出来ないのでしょう か。それとも「病人が働かないと生きていけないような社会」が間違っているのでしょうか。「日本で労働者や民衆の味方である事を自称している人々」は、この問題をどう考 えているのでしょうか。本屋さんに『誰もが幸せになる1日3時間しか働かない国』というような本(マガジン ハウス)がありました。余裕があったら、図書館から借りて読んでみようかな、と思いま した。

0 件のコメント:

コメントを投稿