2016年3月19日土曜日

[788] 「丘を越えて」という映画 2008年6月19日 0時17分



[788] 「丘を越えて」という映画  2008619 017

レオン さん

「丘を越えて」という映画(西田敏行、池脇千鶴、西島秀俊ら出演)を観ました。月曜 日(2008年6月16日)に、ボーリング大会が終わってから、観て来ました。内容は、 文藝春秋社(文藝春秋?)の社長であった文豪の菊池寛とその周辺の人びとについ て描いた劇映画です。映画の原作は、猪瀬直樹の小説(?)です。右寄りの映画かと 思ったら、そうでもありませんでした。映画は、「関東大震災における朝鮮人虐殺」や 「両班(ヤンバン)制度(かつての朝鮮に存在した身分制度)の反動性」について触れていました。日本が行った戦争についても、一応、批判的に描いていました。映画のシ ナリオが、『シナリオ』の2008年7月号で、紹介されていました。この映画は、私の情 報が正しければ、今週の金曜日(2008年6月20日)までの上映であるようです。

0 件のコメント:

コメントを投稿