2016年3月7日月曜日

[537] 逃げるが勝ち 2008年4月8日 0時15分



[537] 逃げるが勝ち  200848 015

レオン さん

「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」という映画を見て考えました。連合赤 軍のメンバーたちは、欲を言えば、組織を改革するために闘うべきだったのかも知れ 
ません。でも組織から逃亡する事も勇気ある選択だったのではないか、と私は思いま す。実際に組織から逃亡したメンバーもいたようです。逃亡というと卑怯な事だという 考えがあるかも知れません。でも人間は時には逃亡する事が必要になる場合もある のだ、と私は思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿