2016年3月2日水曜日

[398] 京都の精神障がい者の絵画や詩 2008年3月11日 15時53分



[398] 京都の精神障がい者の絵画や詩  2008311 1553

国士無双 さん

国士無双です。 
次は、一転、京都での精神障がい者の絵画や詩の作品展の話題です。 
色鮮やかな絵画や詩を紹介  中京で精神障害者ら作品展   

 Kyoto Shimbun 200836()     

 京都市内の精神障害のある人たちの絵画や詩を紹介する「つくし作品展」が、中京 区六軒町通丸太町上ルの木久画廊で開かれている。色鮮やかな水彩画や、童話か ら飛び出したようなキャラクターの線画が、来場者を引きつけている。  
 上京区の共同作業所つくしハウスと嘉楽小路つくしが主催した。両施設では、情緒面のリハビリのために自由参加の絵画教室を開き、毎年作品展を行っている。  
 明るい色使いのチューリップや、質感までそっくりの魚の絵、入院中の苦しい気持ち をつづった詩など、思い思いに表現された作品が並んでいる。9日まで。無料。 
北欧の大画家、ムンクも精神障がいだったようです、精神障がいの方の作品喜ばれる こと願って止みません。    

0 件のコメント:

コメントを投稿