2016年3月1日火曜日

[348] 静岡の話 2008年3月4日 19時26分



[348] 静岡の話  200834 1926

国士無双 さん

今晩は、またまた国士無双です。 
ネットを見ていたら面白い記事があったので、投稿します
 
【静岡】農家に障害者派遣し収穫、買い取りスズキがビジネスモデル確立  中日新聞 200831    

障害者を雇用する特例子会社で採用した知的・精神障害者らを農家に就労派遣し、収穫した作物を買い取って給食に活用する、というスズキが確立したビジネスモデル の運用が29日始まり、浜松市南区の本社・高塚工場の社員食堂厨房(ちゅうぼう)に 早朝、キャベツ70キロと葉ネギ10キロが運び込まれた。段階的に品目や量を増やす 計画で、地産地消を後押しする取り組みとして注目される。  
 企業、福祉、農業が連携したモデルは、特例子会社「スズキサポート」を核に、市内 の農家が協同で立ち上げた農産物販売会社「ゆめ市」が、障害者の雇用促進に努める特定非営利活動法人(NPO法人)「ユニバーサル園芸ネットワーク」などのアドバイ スを得て立ち上げた。初めての納入日となったこの日は、ゆめ市の会員農家ら15人が野菜を届けた。葉 ネギを栽培する農業法人「アトップ」の徳井厚夫社長(56)は「地元で大きな取引先が 確保できてありがたい。ほかの企業にも波及してくれれば」と期待を込めた。スズキの 松永和己常務は「地元に貢献できる事業として、できる限り継続していきたい」と話した。 
 スズキサポートは昨秋、関連会社にも派遣先を広げられる「特定労働者派遣事業」 の認可を取得し、障害者8人を市内3農家に派遣している。そこで採れたキャベツ(月 間1100キロ)と葉ネギ(140キロ)を、スズキ生協が「ゆめ市」から購入して給食用に 納める。大手メーカーが雇用した障害者を農業分野に派遣するケースは珍しく、農作 物を買い取るレベルまでシステムを確立したのは全国でも初めてという。

農家は大変かもしれませんが、いい試みだと思います。 ネット情報ばかりで申し訳ありませんが、何かの参考になればと思い投稿します。   

0 件のコメント:

コメントを投稿