2016年3月13日日曜日

岩手のエコバックの話 2008年5月6日 17時22分



[646] 岩手のエコバックの話  200856 1722

国士無双 さん

国士無双です。 
今度は岩手の、自作のバックの話です。 
愛用して、エコバック 葛巻・障害者作業所 
 葛巻町葛巻の障害者作業所すずらん工房(藤岡徹所長)は、盛岡市のいわて県民 情報交流センター(アイーナ)で販売されている「あ・いいなエコバッグ」を作っている。 地域のボランティアとにぎやかに作業を進めるメンバーらは「たくさんの人に使っても らえればうれしい」と、新たな仕事が励みになっている。 
 バッグ作りは8人ほどの利用者が裁断やアイロンがけなどできる作業に取り組む。 同町の精神保健ボランティアはんぶんこの会(天摩昭一郎会長)から当番制で3、4人 が同工房を訪れ、作業場は笑顔が絶えない。 
 同工房は身体、知的、精神の障害を抱える人たちが利用し、そば殻入り枕や布細工 の製造販売、公共施設の清掃、町役場でのコーヒー出前などで労働の場をつくっている。 
 県社会福祉協議会を通じてアイーナからバッグ製造の注文を受け、昨年夏ごろから デザインの協議や試作を進めてきた。 
 バッグはナイロン製(800円)と綿製(700円)。かばんの中身が落ちないよう工夫さ れ、畳んだ時に結べるひもも付いている。無地のシンプルなデザインでアイーナとす ずらん工房の小さなロゴが目印だ。 
 アイーナでは3階の総合案内横のディスプレーで紹介、2階の管理事務室で販売し ている。小原右次・運営業務統括責任者は「1日約4000人のアイーナ利用者に愛用 してもらえれば」とPRする。 
 同工房の作業を手伝って15年になる向川原幸恵さん(65)は「みんなで楽しく、頑 張って作っている。ぜひたくさん利用してほしい」と呼び掛ける。 
 
(2008/05/01) 
自分達の作業所で作った商品、実際に使ってもらえると、本当にいいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿