2016年3月15日火曜日

チャレンジド・パーソン⑨ 2008年5月13日 13時10分



[687] チャレンジド・パーソン⑨  2008513 1310

国士無双 さん

国士無双です。 
長いけど、お許し下さい。続きです。 
(会場拍手) 
 ありがとうございます。という事でニュースを二つ見ていただきました。短い時間なの でプロップの全容を知って頂くのはむりです。結構面白そうだなと思いませんか?プロ ップの特徴は関西のノリといっても外国の人にはわからないと思いますが。日本は関 西と関東でノリが違うのです。関東の人は何かきちんと取り決めや準備をしてある程 度成功しそうだなとわかったら動き出すというのが日本の中心的なところにおられる 方々なのです。私の生まれ育った関西というところではやりたくなったらやってみる。 面白かったらやってみる。結果は後からついてくるというのが典型的な関西のノリで す。プロップはこの関西のノリでやっています。話は変わりますがあそこでビデオをおねいさんが一人立って撮っておられます。あの方はボランティアで撮って下さっている ですが先程のプロップを支援をして下さっているいろんな企業のうちの一つで世界の 方々もご存じかと思いますがNTT東日本からわざわざ来ました。今日このグラドネット の様子を撮影し収録したものをNTTのホームページで流してくれるという事でボランタ リーに来ていただいています。五十嵐さんありがとう。(会場拍手) という感じで応援するとか、されるというよりも本当にお友達感覚でやっています。今 その誇りを奪われている人間が誇らしく生きていくということは明日私が万が一誇りを 奪われる状態になっても誇らしく生きていける国になるという事なんだなと思います。 それを理解して下さる皆さんが応援してくださっています。たまたまその人たちが色々 な企業のトップであったり政府のトップの方であったりすると考える図々しいナミねいな んです。先程から何度かチャレンジドという言葉が使われていたのです。プロップステ ーションでは障害者と呼ばずにチャレンジドと呼ぼうと声をあげさせていただいていま す。  

0 件のコメント:

コメントを投稿