2016年3月15日火曜日

チャレンジド・パーソン③ 2008年5月13日 13時0分



[681] チャレンジド・パーソン③  2008513 130

国士無双 さん

国士無双です。 
長いですが、書き込みます。 
今年のプロップステーションの目標はアメリカのADAAmericans with disability Act)を 日本の風土に合う形にアレンジして法律の背骨にする事を目指し政府の様々な用心 とも会い日米のワーキンググループなどを作る第一歩を踏み出そうとしています。ちょ うど総理大臣が替わり日本の総理大臣としては若い小泉さんという改革を大変標榜 する人が選ばれました。一昨日の514日の国会質問でも与党の中から神戸のプロッ プステーションという団体が言っている日本版ADA成立についての推進を問うという趣 旨の質問が出ました。これに対し小泉首相はアメリカと共に研究をしていきながらこれ を政策にしたいと思うという答弁をしたばかりです。まず、与党内で国会議員のチーム を作り、参議院選挙の後に超党派に広げて全ての政党、派閥で参画をいただきこのミ ッションを制度として国の政策の柱としていってほしいなと思っています。私たちの活 動は日常の生活の中で生まれ、初めてパソコンを触るという人のセミナーからプロに なるようにたくさんのコンピュータ関係者が教える。覚えた人は自ら講師となって次の 人を育てていくという循環があります。実力をつけた人はあなたはこんな仕事ができる ここまで来たという評価をします。プロップステーションは支援して下さっている企業や 行政や自治体から仕事を受託します。その仕事を在宅で介護を受けてコンピュータを 学んだ人に振り分けます。勿論、営業、見積もり、請求書を企業とやりとりをし、皆さん が仕事をした後に発注者にお返しするといった事もやります。パソコンのマウスを生まれて初めて触るところから介護を受けてプロになるところまで一貫してプロップステー ションが実験プロジェクトとして10年間やってきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿