2016年2月26日金曜日

[252] 論理がひっくり返って「調和」する「瞬間」がありませんか??? 2008年2月13 日 16時41分



[252] 論理がひっくり返って「調和」する「瞬間」がありませんか???  2008213  1641

朝永振一郎 さん

「それ」を論理で捕まえた「途端」、「至極当然」の命題になってしまう…。 
「それ」は、「意識上の感覚」であって、残念ながら、 「それ」に自己言及すると、 「至極当然の結果」と、相成る。だから、言葉では・論理では、「語れない」・「語りたくな い」。 必然として、「詩」になる。それしか、「表現」の仕様がない…。 
ちょっと「オカタク」書き込んでしまいました…汗っ!!! これが、私の病気です…。

0 件のコメント:

コメントを投稿